大篆

大篆名詞

中国古代の書体である篆書の一種。秦始皇帝による書体の統一がなされる前の書体で、統一後の「小篆」に対する語。起源は周代、太史籀(チュウ) が作ったと伝えられる籀文、籀書に求められるが、古代中国の戦国各国において独自に発展したため、多くの異体字が存在する。


引用

あなたの雑誌は、この定義を追加します:

Style:MLAChicagoAPA

"大篆." Definitions.net. STANDS4 LLC, 2021. Web. 23 Jul 2021. <https://japanese.definitions.net/def/JA/%E5%A4%A7%E7%AF%86>.

Free, no signup required:

Add to Chrome

Get instant definitions for any word that hits you anywhere on the web!

Free, no signup required:

Add to Firefox

Get instant definitions for any word that hits you anywhere on the web!

Quiz

Are you a words master?

»
fortification consisting of a low wall
  • A. sheath
  • B. breastwork
  • C. concoction
  • D. hunch

となりのエントリ:

別の検索オプションの大篆: